FC2ブログ

引っ越しシーズン

怒濤の転入転出シーズンが、ほぼ終了しました。

当社は高校の先生のお客様がけっこういらっしゃるのですが、今年は異動が多かったですね。
ながくお世話になった方で浦河を離れた方もいました。

転出の場合は、ガスコンロ・湯沸器・石油ストーブのとりはずしが主な作業で、
転入の場合はこれらの機器の取付です。



意外とめんどうなのが、石油ストーブの煙筒のとりつけです。

なにしろ教職員住宅は古いアパートが多いので、いまのストーブが設置しやすい設計とはなっていません。
煙筒を金ハサミで切ったり曲げ加工したり、いろいろと細工が必要です。

煙筒取付なんていちばん簡単そうで、いちばん手間がかかります(わたしの場合)。


今回入居されたA様宅におじゃましました。
見るとストーブはすでに設置してあります。

「引っ越し手伝いの者が、取り付けてくれました。」とのこと。
次の仕事が控えていたのでラッキーです。
ガス器具さえ設置してしまえば、A様宅は終わりです。

中年のご夫婦で、お二人とも感じの良い方です。

ご主人は学者っぽい感じで、奥様は少しおっとりした穏和そうな方です。

私(感じの良いお客様がふえて良かった!)

自記圧計でガス管検査をして、検査書類を必死で書き(近年は点検項目が多すぎるのです!)
風呂釜を試運転し、ガスコンロを取り付けてあとは湯沸器のみ。

ここで問題発生です。

お客様の持っている出湯管が短くて、流しまでとどきません。
相談の上、別売の延長管をとりよせることにしました。

私「シャワーヘッドは付いてきませんので、現在のものを2日くらい保管しておいてください。」

奥様「あれ?どれのことでしょうか?」

台所周辺をみわたすと、たしかにありません。
さっきまで私が寸法を合わせたりしていたのに。
夕方で室内が薄暗く探しづらいのですが、私が勝手に電灯をつけるわけにもいきません。

「おかしいですねー。」と言いながら私も、引っ越しの段ボール箱の上やすきまをさがします。
奥様も居間の方まで行ってさがしていますが、見つからない様子です。

(やっぱり暗いなー)と思っている私の方へ戻ってきた奥様が、
(たぶん)「ありませんねえ}と言いかけて気付かれました。


「あら。わたし、手に持ってました。」


奥様のおっしゃるとおりです。
手に、ふたりでさがしている出湯管をお持ちでした(笑)。

「あ、あれば良いんです。なくさないでください。」と平静をよそおう私。
車に乗ってから、じんわりと笑いがこみ上げてきました。
このとぼけたエピソードがなんとなく似合う(笑)、感じの良いお客様なのです。


忙中、気持ちのなごむささやかな「事件」でした。

社長





続きを読む »

スポンサーサイト



カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2010年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ